チョ・ウォニは精神的支柱になれる選手。大宮移籍を嘆く古巣監督のコメント。

wonee

日本は明日からリーグ戦が再開しますが、お隣り韓国は一足早く7月5日から1部リーグが再開。そして中断期間中に大宮に移籍したウォ二の古巣:慶南FCの監督が彼の移籍を嘆くコメントをしていましたので、抜粋して引用。

内容

イ・チャマン慶南FC監督「チョ・ウォニの移籍が大きかった」

 

慶南FCを指揮するイ・チャマン監督は水原三星とのKリーグ1部後半戦初戦の引き分けに物足りなさを吐露した。豊かな経験とリーダーシップを持つマルチプレイヤーであるチョ・ウォニの移籍による空白を残念がった。

 

監督は5日、水原ワールドカップ競技場で開かれた水原との試合直後の記者会見で「選手たちが死力を尽くしてプレーしてくれたことに対して感謝している」としながら、「前半戦を一緒に戦ったチョ・ウォニがJリーグに移籍してしまったことが予想以上に大きかったようだ」と話した。チョ・ウォニは、今季慶南に入団して選手たちの精神的支柱であり、マルチプレイヤーとしての役割をしたが、前半戦を終えた後、日本プロサッカークラブ:大宮アルディージャへ移籍してチームを去っている。

 

この日、慶南FCは、効率的なカウンターで複数回チャンスを作ったが、決定力不足が原因で得点を生むことは出来なかった。

– isplus –

チームの平均年齢が25歳と若い慶南FCにおいて良き兄貴分だったウォニ。彼の不在は予想以上に大きかったらしく、チームはその後も連敗。とうとう2部との入れ替え戦順位である11位にまで落ちてしまい、明らかに調子を落としています…。

 

失敗したとはいえプレミア移籍を果たした韓国の元代表選手。やはり数字には現れない安心感をチームに与えてくれるのでしょうね。彼の出場機会は最短で週末の広島戦から。果たしてどんなプレーを大宮サポーターに見せてくれるのでしょうか。

wonee