天皇杯:八戸戦はYNC新潟戦同様ハイプレス濃厚。大熊清監督は積極性を重視。

pressing

中断明け最初の公式戦となる天皇杯2回戦ヴァンラーレ八戸戦まで後2日。本日の練習後の大熊清監督のコメントが Blogolaに掲載されましたので、抜粋して引用。

内容

「自分たちからプレッシャーをかけていくという積極性がないと、『全然来ねえなあ』、『(いつもと)違うなあ』というイメージになってしまう。相手に合わせることなく、プレッシャーをかけることが大切」(大熊監督)。積極性をキーワードに、中断期間の成果を見せる一戦としたい。

【全文を読む方は→ Blogola 】

一般的に格下チームが取る戦法といえばドン引きカウンター。おそらく八戸も引いてくるでしょうが、そこで待つのではなく中断前最後の公式戦ナビスコ杯新潟戦のように積極的にプレスをかけてボールを奪うことを監督は求めているようです。

 

その他、嬬恋キャンプを経て手応えを感じる大剛とズラタンのコメントも掲載されていますので必見!

pressing