チョ・ウォニが大宮の印象とキム・ヨングォンとの思い出をコメント。

wonee

韓国1部:慶南FCより完全移籍で加入したMFチョ・ウォニ。加入レポートが公式サイトに掲載されていますが、埼玉新聞には2010年に対戦したときの印象と元・大宮に所属していたキム・ヨングォンについてコメントしていました。以下、抜粋して引用。

内容

 

まずは2010年に水原三星ブルーウイングス所属時に対戦した印象。

 ―それは2010年のさいたまシティ杯か。そのときの印象は。

「日本のサッカーはテンポが速く、組織的でコンパクトなサッカーというイメージがあった」

【全文を読む方は→ 埼玉新聞:紙面 】

当時は張外龍監督が指揮しており、現在も在籍しているのは北野、江角、大輔、村上、金澤、福田、慶記の7人。特に金澤か村上はマッチアップしている可能性も有。この試合は5-0で大宮が勝利しており、完敗したことで逆に印象に残っているのかも。

 

そして元・大宮のDFキム・ヨングォンについて。

―広州恒大(中国)で元大宮の金英権と同僚だった。

「金英権とは楽しい思い出がいっぱいある。日本に行きたいという情熱があったので、日本のよさを金英権から聞いた」

【全文を読む方は→ 埼玉新聞:紙面 】

彼が2011年に広州恒大に加入していたのは2011~12年。2年とも優勝していますから、母国の同僚との2年間は一番印象にのこっているのかもしれませんな~。日本でプレーすることを熱望していたウォ二。早く馴染んで韓国のガットゥーゾの名前が伊達ではないことを証明してもらいたいものです。

wonee