J1ワースト2のシュート数とチームトップが菊地光将という現状。

kikuchi

嬬恋キャンプも終えて、大宮で練習中のアルディージャ。FWを探しにブラジルに選手を探しに行ったと言われていますが、現状の大宮の攻撃がどれだけヤバイのか、Jリーグ公認データ「Stats Stadium」と 「Football LAB」 から調べてみました。

 

まずは14節終了時点のチームシュート数 (引用元:Stats Stadium

内容

大宮 平均 最高 最低
シュート数 102(17位) 140.1 鹿島:210 徳島:74

 

残留を争うと予想される甲府:141、G大阪:145、仙台:135。単純に彼らより約30本少ない。平均したら1試合あたり3本シュートが少ない計算になります。

 

そして個人別シュート数 (引用元:Football LAB

内容

選手名 シュート数
菊地 光将 20
家長 昭博 19
ズラタン 18
チョ・ヨンチョル 12
長谷川 悠 10
ラドンチッチ 9
富山 貴光 9
渡邉 大剛 7
片岡 洋介 7
中村 北斗 7
高橋 祥平 6

 

なんとトップがDFである菊地!!

 

2番目も家長で3番目にようやくズラタンという有様。ラドンチッチ、富山、長谷川が途中出場が多いヨンチョル以下とは…。チームトップの4ゴールを上げているのが本来DFである祥平、続くのがこれまたDFの菊地で3。(家長も3ですがPKが1つあるので実質2)J1でDFがチームの全得点の4割を占めているチームは唯一大宮だけでした。

※闘莉王選手の居る名古屋で2割、中澤・栗原選手の居る横浜FMですら3割。

 

上記のデータが示すようにシュートはワースト2。更に少ないシュートを一番打っているのがDFである菊地とワケの分からんことになってます。祥平も6とDFとしては多い方です。ゴールはともかくシュートまでDFが上位を占めているようでは、この先も安定した得点は望めません。早く改善しないと後半戦も苦しい戦いになりそう…。

kikuchi