元・大宮DFレアンドロ・エウゼビオがカタールへ移籍濃厚。

嬬恋キャンプ中でネタがないので過去の選手移籍ネタ。元・大宮のDFの方のレアンドロことレアンドロ・ダ・フォンセカ・エウゼビオ選手がカタール1部:アル・ホールSCに移籍するとのこと〜。以下、現地サイトを訳して引用。

内容

フルミネンセ、レアンドロ・エウゼビオのアル・ホールへの移籍話の交渉につく。

彼は3月以来、競争力のある試合に出場していません

 

レアンドロ・エウゼビオはフルミネンセの中で放出候補リストに計画しています。

カタール1部:アル・ホールとの移籍交渉は十分進んでいるとされている。

レアンドロ・エウゼビオは年末までフルミネンセとの契約が残っているが、その前にオレンジ(移籍金のことかな)を残すことで解決します。

– futebolinterior.com.br –

 レアンドロ選手は2007〜08年に大宮にレンタルで在籍し主にCBとして活躍。大宮のJ1リーグで一番苦しかったと言われる2007年の残留(ほぼ)決定ゴールを決めた選手として大宮サポーターの中では有名ですね。

 

 

 2009年にブラジルに移籍、2010年からはフルミネンセFCに所属していました。昨シーズンは21試合に出場していましたが、チームは15位と低迷。監督も交代して今季はリーグ戦は未だ出場なしで構想外になっているようです。現在32歳、引退前の一稼ぎってところでしょうか…。