4/23:非公開練習で紅白戦。442と4231で連係を確認。

mienai

昨日の練習はNACKで報道陣のみの非公開練習を実施。その大まかな内容が埼玉新聞に掲載されましたので以下、抜粋して引用。

内容

 紅白戦はメンバーを代えながら2種類のシステムを試した。G大阪戦で採用した4―2―3―1はワントップにズラタン、トップ下に家長、2列目右は橋本、ボランチには渡辺が並び、顔触れも同戦と同じだった。大熊監督は「前へ当てろ」「幅を使え」など大声で指示して共有を図った。  4―4―2はズラタンと長谷川の2トップで、ズラタンに代わってラドンチッチが入る場面もあった。決め事をつくって守備をさせ、大熊監督は「気持ちはあるが意図のある追い方ができていない」と前線からのプレスも手を加えていた。

【全文を読む方は→ 埼玉新聞:紙面 】

やはり甲府戦も前節と同じメンバー構成になりそうですね。むしろ問題は後半の交代要員たちとの連係。前節の決勝弾は恐らくカルリーニョスか和田がマークすべき今野選手がフリーとなっての失点ですから…。同じ失敗を繰り返してはいけません。

 

その他記事には新ボランチコンビとなった横山知伸と渡邉大剛のコメントも掲載されています。それぞれのプレーについての思いは必見!

mienai