増田誓志と蔚山との契約は残り2年。買取りなら移籍金が発生。

masuda

電撃新加入し、清水・C大阪戦で先発を務めるなど、大宮の救世主となりそうな増田誓志。彼の保有権は蔚山が持っていますが、その契約期間は2015年までとのこと。

以下、古いですが韓国のニュースサイトより抜粋して引用。

内容

クラブ側は「昨年、蔚山の準優勝に大きく貢献した増田のレンタル移籍の決定は苦渋の決断だった、攻撃中心のサッカーを志向するジョ・ミングク監督体制下で出場機会をつかめずにいる増田が日本の国内リーグで競技力を引き上げる決断を下した」と明らかにした。 増田の残りの契約期間は2年で大宮へのレンタル契約が終わった後、蔚山に戻ってくることになる。

【全文を読む方は→ news1 Korea 】

監督が変わって新体制となった蔚山。現在ACLは敗退、リーグ戦は10試合終わって5位と微妙な状態。もし来季のACL出場(3位以内)も逃すようであれば、昨年2位の原動力となった増田の復帰させることは十分考えられますね。

 

とはいえJ1に残留しないと、買取もへったくれもないわけで…。

大宮が移籍金払ってでも獲得したくなるほど、大活躍しておくれ~。

masuda