神戸:ペドロ・ジュニオール選手について語る今井智基と大熊清監督。

pedro

明日の対戦相手ヴィッセル神戸には、かつて大宮とF東京などに所属していたFW:ペドロ・ジュニオール選手が所属しています。その彼を監督として指導した大熊清監督と試合当日マッチアップする予定の今井のコメントがありましたので抜粋して引用。

内容

 

まずは2011年当時FC東京の監督として彼を指導した大熊清監督のコメント。

大熊監督は「ちょっとけがを持っていたり、性格的に波のある時期があったけど、もともと能力的にはすごいモノを持っていた」とその能力を高く評価している。  そんなペドロだが、今季ここまで見せている活躍は、Jでは過去最高と言っていいモノだ。その理由について大熊監督は「韓国に行ったのが大きいんじゃないかな」と見ている。「ちょっと頑張らないと外されたり、頑張るのが当たり前の世界というか、韓国には揺るぎないモノがあるから。そういう中でやったことが、飛躍した要因の一つなのかなと」。

【全文を読む方は→ Blogora 】

指導したといっても期間は2011年1月~6月の半年だけ。しかし能力は監督の目にしっかり焼き付いているようです。退団後はブラジルに帰国したペドロ選手ですが、昨年に韓国1部:済州ユナイテッドに移籍。やはりブラジルとも日本とも違うKリーグで揉まれたことが、現在の成長に繋がっているようです。奇しくもうちの家長、増田も同じ韓国帰り。Kリーグ仕込みのプレーで輝くのは果たしてどちらだ?

 

そしてペドロ・ジュニオール選手は2TOPの左ということで、試合当日マッチアップする可能性が高い日本代表候補になったDF:今井智基のコメント。

神戸戦に向けては「これまでどおり、良い準備をして臨みたい」としっかりと地に足を付けている。  神戸は得点ランキングトップタイのペドロ・ジュニオールをはじめ、強烈な個を持つ選手がそろっているが、今井は「手強いと言えば手強いけど、(アピールする)チャンスと言えばチャンスなので、抑えられれば」と強気に構える。今季はすでに川崎Fのレナトとも対等以上に張り合った今井だけに、強力アタッカーの完封は現実的なノルマだ。

【全文を読む方は→ Blogora 】

川崎戦でレナト選手を抑えたのが自信になっているようですね~。当日はザッケローニ監督も視察に訪れるとのこと。A代表になるならこんなところで負けていられない!

一気に羽ばたけ! 今井!

pedro