増田誓志自身の持ち味を語り、大熊清監督が彼に期待する部分をサカダイにコメント。

masuda

本日発売のサッカーダイジェストに先週レンタルで加入したMF:増田誓志の特集記事が1ページ掲載。その中で増田が自身のプレーの持ち味を語り、大熊清監督が彼に期待する部分をコメントしていましたので、抜粋して引用。

内容

 

まずは自身の見せたいプレーについて。

どんなプレーを見せたいですか?

「ボランチがメインになると思うので、まずは守備を重視したい。チームを助けるハードワークとか、きっちりプレスをかけるとか、攻めたくてもそこはおそろかにしちゃいけない。日本では守備の意識をより強く持つべき。そのうえで、タイミング良く攻撃参加できたらいいですね」

【全文を読む方は→ サッカーダイジェスト 】

増田はSHも出来るのですが「ボランチとしての加入」ということをハッキリ明かしていますな。「守備意識を強く」と言っていますが、韓国で慣れた1対1で守る意識を組織で守る日本の守備に変える必要があるということのようです。

 

攻撃面については…。

 

とはいえ攻撃面での貢献も大いに期待されています。

「自分には飛び抜けた武器があるわけじゃないけど、ドリブル、パス、どれもある程度得意。臨機応変さを前面に出していきたいですね」

【全文を読む方は→ サッカーダイジェスト 】

遠慮がちですが、やはり攻撃には自信があるみたい! 

とにかく金澤と片岡に無い攻撃部分に期待したいところですねぇ~。

 

そして大熊清監督の彼に期待する部分ついてのコメント。

もう少し幅を使えるボランチが欲しいと思っていたなかでの補強。遠くを見る力とキック力があるので、ヨンチョルなどのスピードがもっと活きるんじゃないかな、と。苦しい場面でも縦パスが出せるし、点に絡むプレーも得意。彼が大宮の中盤を仕切れるようになれば、(相手にとって)掴み所のない攻撃ができるのでは。まだコンディションが十分ではないので、既存の戦力と競争させつつ、使うタイミングを図っていきたい。

【全文を読む方は→ サッカーダイジェスト 】

やはり攻撃面を買っての獲得。今季5試合戦い中盤から効果的なパスが回ったといえるのは仙台戦ぐらい。何が何でも彼にはレギュラーに定着してもらわないと…。

明日の浦和戦、彼のプレーを見ることはできるのでしょうか?

 

その他、本日のサッカーダイジェストには現在のアルディージャの強み・弱みの分析、柏戦の詳細な解析、増田の「韓国と日本の違い」などが掲載されております。

明日のナビスコ戦に備えて?購入して読むべし!

masuda