仙台戦の勝因は相手の自滅だった?相手選手の衝撃コメント。

jimetu

4-0で天敵・仙台に勝利した我らの大宮アルディージャ。週も明けて相手チームの選手たちのコメントがメディアに掲載されましたのでまとめてみました。

内容

 統一意識のない状況に、守備陣も苦言を呈した。2点を追う後半はパスをつなぐどころかロングボール一辺倒。ある選手は、4失点の責任を痛感しながら「前を向いても走ってる選手がいないので上がりづらい。(ゴール前に)放り込んで事故を待つ方が可能性があると思った」

【全文を読む方は→ 日刊スポーツ 】

なかなか凄まじいコメント。仙台は放り込みで点を取るチームではありません。高さで期待できるのはFW:中原選手ぐらい。本当に攻撃で打つ手がなかったんですね。

相手から見れば、今の仙台ほど守りやすいチームはない。前線の選手が「ボールが入ってこない」「シュートまで持っていく形がまったくない」と口をそろえるように、単調な攻撃を繰り返した。中盤でボールを保持しても横か後ろへのパスがほとんど。縦を狙ってもマークに付かれている選手の足元へ出すだけで、スペースを突いてフリーでゴールに迫る場面は皆無だった。今季の対戦相手に証明されてきた「引いて守って、自滅を待ってカウンター」という簡単な攻略法で、この日も崩れ去った。

【全文を読む方は→ 日刊スポーツ 】

これは現地でも感じてました。仙台は本当にパスミスが多かった。そしてシュート精度も酷かった。冷やっとした枠内シュートは後半の1本だけでした。CKも沢山与えましたが、高さで完全に勝っていたので怖くなかったです。

 

いろいろな情報を読んでみると、前節は大宮が強かったわけではなく仙台がチームとしての体をなしていなかったってことみたいですね。今後はどのチームも間違いなく家長をマークするでしょうし。 次節:柏戦で今の本当の実力が判明するでしょう。

 

しかし敵ながら気になるのが仙台の監督の「敗因は過密日程と雪で練習が出来なかったこと」とのコメント。原因はそこじゃないと思うんですけど…。

jimetu