セットプレーの守備に課題、宮崎で若手の台頭に期待。

omiya-rensyu

昨日はセットプレー対策を入念に練習〜。そして若手に期待する監督のコメント。

以下、埼玉新聞より抜粋して引用。

内容

 

大熊監督は「(昨季は)広島が4点、横浜Mも4点、うちは10点。セットプレーの失点数を抑えたチームが上位にいる。うちは爆発力があるわけではないので、こつこつと詰めていかないと。前日の練習試合の疲労も考慮した」と意図を明かした。

 

…中略…

 

中1日での4連戦に向けて「若手をどんどん鍛え上げて本物にしたい。ターンオーバー制ができるぐらいに」と底上げを期待した。

【全文を読む方は→ 埼玉新聞:紙面 】

確かに昨季の連敗時はよくセットプレーで失点してましたね…。(アウェイ広島戦の石原選手の失点など)しかも得点はほとんど期待できませんでした。(ヽ´ω`)

 

そして監督も若手に期待していることがよく分かるコメント。開幕までに4人の中から抜け出す選手は出てくるといいのですが。現状だと一番手は泉澤かな、高瀬も確固たるレギュラーがいないSBだけに台頭に期待したいですね。

omiya-rensyu